2008年09月12日

ユメノカタチハイロイロアルケド

夢を探すのをやめるひとや
夢を摺り替え
日々消化していくひとが渦巻く環境で

バンドマンっていうのは
かなり強く夢と希望を持つ人種だと思う

しかしそれでさえ
夢の方向が分らなくなったり
自分の限界を想うひともいる

その中で
自分の夢を一歩づつ進み
限界を超え
または限界等感じず
希望へ近づく人もいるんだ

ソレガシは限界も感じるし
無限も感じる

さてどうなのだろうか


最近
「針金からクリップをつくるのがデザイナー、クリップからぐにゃぐにゃの針金を作るのが芸術家」
というのを読ませてもらった

たぶんこの言葉とイメージは今後長いこと持ち続けると思う

それがしは音、絵、生き方においても
まずクリップを作るタイプ
真似て削ってコツコツ

でも
出来上がった後に自分に内包されている
針金の「あるべき姿」を思い浮かべてしまう

そんなかんじ

常に限界迄やった上で限界突破したくなくっちゃうのよね
それが「クリップ」という役割を果たさなくなったとしても

さて僕の音はどうなることか

9/20はninaセッションライブ
9/24は両国でHOPE

あの頃の僕はソレガシになんというかな
たぶん
「元気!」
だろうな

うん。
それがいいのだ!
posted by ケンケン at 13:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 思想脳牢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HOPEが!!!
2位への一歩を踏み出しました!!!!みた?
ほーぷばんざいほーぷばんざい
Posted by MARUKO at 2008年09月12日 21:11
なんたるHOPE信者!!

本当に本当に有り難う有り難う!!
っもっと恩返しできるようがんばるです!
Posted by けんけん at 2008年09月16日 15:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106442595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。