2009年01月01日

グラスホッパー

そういやこんなカテゴリもあったな

本れびゅー
「グラスホッパー」☆4

伊坂幸太郎さんの作品で、waveさん(?)に勧められたので「重力ピエロ」を探したのだけど無かったので読んだ作品。

ものすごいスピードで読める漫画的なミステリー
登場人物が3人いて、それぞれの人称、ってわけではないんだけど視点は3人各々の場所に移って描かれる。

鈴木:妻を失った復讐者
鯨:亡霊に悩まされる自殺屋
蝉:ナイフを使う殺し屋

この3人が3様に話を進める。そんでもって徐々に絡まりあって…

漫画的と思ったら漫画化していた!納得の作品。

感動!!!ってのはなかったので☆は4つかなぁ。。
あと本格ミステリーのつもりで読んでいたのでびっくらこいた。

さて続いて映画レビュー
posted by ケンケン at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

読書メモ『グラスホッパー』
Excerpt: 今日は、伊坂幸太郎『グラスホッパー』を読みました。 面白い、と聞いていたのになかなか見つからなかったのですが、やっと読めました。 『グラスホッパー』、なかなか面白かったです。 殺し屋たち..
Weblog: 自由の森学園図書館の本棚
Tracked: 2009-01-22 22:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。