2007年01月23日

ソレデモボクハ デュエリスト

股引がない
それは脚への裏切りである
ーーーーーholy king


さてさてさて今日は寒いですが映画れびゅ!


映画「それでもボクはやってない」☆5つっ!!!!!!
大満足!
もう一度見たいと思う映画ではないけど
見て良かった。すごいおすすめ。

あらすじは
フリーターさんががんばって就職面接に行こうと
電車にのっていたところ
痴漢容疑でタイーホ。
無罪を訴え判決まで国と闘うお話。

これはねぇ
監督がきちんと取材したと言うだけあって
割と社会派な内容でくりびつてんぎょーです。
というのもshall we danceの周防監督の作品なので
ふざけた感じなのかというイメージがあるからなのですね。


テレビでも言ってたんだけど
「実際やったのかやってないのか分からない」
というのがいい!

だいたいこの手のお話ってのはどっちかを前提に進んで行くけど
見ている側も分からない。
これはつまり共に裁判を闘っている緊張感を味わえるってことで
心臓に悪いし手に汗握りまくりーの体ほてりーのです。


日本の裁判制度の現状を切に表しているらしいです。

これはおすすめです!
まぁ痴漢する側される側で見方も大分変わると思うけどね。





さて続いて「デュエリスト」
韓国映画です。☆2…

この主人公さんの映画は何phonか見てるンですけど
ものすごいかっこいいです。
主人公のほうがヒロインよりもかわいいという…

まぁ内容はありがちな
悪い人側の主人公と
刑事のヒロインが恋に落ち…ってかんじ。

ありがち過ぎてつまらんです。

ただ主人公がかっこいいことと
演出が凝ってる(逆に懲り過ぎってのもあるが…)
そこが+でした。

まぁよくも悪くも「100分長い」と感じない内容であっさり見れるし
あっさり諦められます。



というわけで超スピードでレビュッた&校正もしてないぐだぐだnれびゅ
のコーナーでした。
posted by ケンケン at 15:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | えいがを、みてみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。