2009年01月17日

ジュウリョウク オーデュボン

ふーーーーーー

労働ってこんなにつらいんですね。
つかれてブログを書いてらりん。


さてさて本レビュっ!!
伊坂作品2本連続
『重力ピエロ』
『オーデュボンの祈り』

続きを読む(ただの感想文です。)
posted by ケンケン at 03:06| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

グラスホッパー

そういやこんなカテゴリもあったな

本れびゅー
「グラスホッパー」☆4

伊坂幸太郎さんの作品で、waveさん(?)に勧められたので「重力ピエロ」を探したのだけど無かったので読んだ作品。

ものすごいスピードで読める漫画的なミステリー
登場人物が3人いて、それぞれの人称、ってわけではないんだけど視点は3人各々の場所に移って描かれる。

鈴木:妻を失った復讐者
鯨:亡霊に悩まされる自殺屋
蝉:ナイフを使う殺し屋

この3人が3様に話を進める。そんでもって徐々に絡まりあって…

漫画的と思ったら漫画化していた!納得の作品。

感動!!!ってのはなかったので☆は4つかなぁ。。
あと本格ミステリーのつもりで読んでいたのでびっくらこいた。

さて続いて映画レビュー
posted by ケンケン at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ヨミタイホン

むむぅ。映画50本は無理そうだ。
ということで読書したいものメモ。

いまはマイケルクライトンって人の「プレイ」とかいうのを読んでます。
これは確か前に「恐怖の存在」っていう本のレビューしたと思うけどその人の本でこの人はあのジュラシックパークの原作者です。この人はすごくてプログラミング、気象学、機械工、生命工、生物学、医学、経済学、政治学と多岐に渡る知識を得ながら書いてるようでちょい難しいんだけどめちゃんこおもしろいっす。

「恐怖の存在」では地球温暖化について
で「プレイ」ではナノテクについて書いています。
いずれも陰謀的な感じとか非常におもろいです。
余談が長くなった。

で何が読みたいってまぁ次はハリーポッター(英語)よまなきゃなんだけどその後は他の方の日記の影響で漱石さんがめちゃんこ読みたいの。

夏目さんの本は高校の課題で読んだのとちょこちょこ読もうとして挫折したのばっかなんだけど世界観ってか人間に対する感触がすっごい僕好みなのでまぁ文体が難しいのが辛いのですがちょっと読みたくなりました。

非人情というものを目指してみたいと思います。
posted by ケンケン at 10:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

NHKニヨウコソ

今日はレビューから始めます。

寒いんだよ。朝。目が何回も冷めてしまった。
眠くて眠くて仕方ない。

そんな中「NHKにようこそ」に読み終わりました。

文句無し☆5。

聖なる予言に次いで僕の聖書に認定ました。

いろんな滝本さんありがとう。

まぁそんなわけで無気力。ちくしょう。眠い上に寒い上に今日は雨ふんのかな。

これも全部NHKのせいだ。ああ。それにしても本当に眠い。3回くらい目冷めたよ。

ああああめんどくせぇ(IWGP長瀬風)
posted by ケンケン at 10:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ダイジュウノヨゲン

長かった。いや本自体はそんなに分厚くないんだけど
読み終わるのに時間がかかった。

「第十の予言」

つまりは「聖なる予言」の続編です。
前作を読んでいなければ何がなんだかさっぱりだし
きちんと考えていないと全くつかめないと思うです。

☆5

後々書くかわからんけど
これも人が地球が世界がより良くなるための知恵です。

次は第11の予言があるらしい。
迷い中。

もし本屋さんにあったら買ってみヨット。

今日はエネルギー不足(睡眠不足)なのでレビューから始めました。
まだ火曜日か・・・
posted by ケンケン at 10:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

セイナルヨゲン

今日は読書感想文からいきます。

まず言っておくとタッキーから借りた
この本「聖なる予言」は間違い無く僕の人生と
僕の周りの人や物の人生を大きく変えると確信しています。

ので☆は5点満点中10点くらいあげてもいいくらい。

これは1990年代に書かれた本で
要は精神本とか哲学本の類いです。
著者の持論をフィクション仕立てで展開していくという話し。


概要はペルーで見つかった
人間をより良くさせるための9つの知恵の書かれた写本を巡る物語。

魂の冒険憚なんて書いてあったね。


で僕もそれにしたがって生きて行きます。
早速夢で見たことを分析して実行します。



なんでこんなに妄信的かというと
内容がすばらしいのはもちろん
昨日の夕食中のことです。

フジコ・ヘミングの生涯についてのTVドキュメントを見ていると
父親が
「このひとはウィーンに導かれて正解だったんだね」
と言いました。
直前まで「聖なる予言」を読んでいた僕は
「偶然ではなく何かが彼女を導いたのか」
と思いふと左にある本棚を見ると目に入ったのが
「聖なる予言」

うちにはたくさん本があります。
昔の本ましてや10年前の本となると見えない奥のほうにあることが
当然なのですが
何故か聖なる予言は僕から一番目立つところで輝きを放っていました。

父にそのことをいうと
思い出したように
「この本は一時期ものすごい人気があったんだよ」
と続編の
「第十の予言」
を貸してくれました。

僕も何かに導かれているようです。

これからはエネルギーをきらさないように
気を付けてみんなにもわけてあげたいです。
そのかわり僕がパチで負けたぶんのお金をください。

これが僕のコントロールドラマ「被害者」です。
負けたとか悲しいとか
そんなのは事実だけで
あなたがたのせいでは決してありません。
僕はこの「被害者」を打ち消すために
精進する次第であります。

とりあえず公園の紅葉の美しさからエネルギーをもらいたいとおもいます。
posted by ケンケン at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

LEVEL7

読み終わりました。
宮部みゆきの「LEVEL7」
このブログでも散々言ってましたが
非常におもしろかった!

ので文句なし☆5つ!!!!!

まず中身が面白い。

文章が面白い。

終わりが面白い。

そしてキャラが魅力的。


実におもしろい謎解きサスペンスな感じなので中身はいいませんが
まぁ平成2年の本だから別にいいんだろうけど。

あの純粋な非現実サスペンスと日常的推理おばさんの動向のギャップが素敵。
もう読みたくて読みたくてしかたない本でした。

まぁ前に未熟な「彼」の本を読んでいたのも幸いなことでした。

とりあえず来年の今頃まだ僕が今と同じ状況で
生きるって無意味な感じに思ってたら
僕にレヴェル2位のかけてくれない?
そんで大ジョブそうだったらレヴェル7かけてもいいよ。



まぁヒトなんてどんどん記憶を削る忘却の遺棄もの生きものだか大ジョブかな
posted by ケンケン at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

レヴェル7

まだ途中です。

僕は歯は30以上磨くんですが
歯並びわるいのでね。

ほんでその時に本読むンです。読むのがあれば。
それでタッキーにかりた今はLEVEL7読んでます。

すげぇおもしろい!危うく徹夜本なので
歯を磨き終わってからも1時間以上読んでしまうわけで。

なんつうか下手にお化けとかの話しより全然おもしろいです。

うお〜読みてぇけどもったいないからちょっとずつ歯磨き中読みます。
posted by ケンケン at 10:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

AコースFコース

を読みました。

これもあのリアル鬼ごっこを書いた人のです。
借りて読みました。

「短編みたいなもんだからつまんないかもよ」

って言われてたので
そういうつもりで
何気なく楽しんでました。

あらすじは
ゲームセンターにできた最新げーむ「バーチャワールド」通称「バーチャ」
このゲームは仮想現実の世界で痛みも疲れも感じるミッションを成功させる
っていうもので
Aコースはそれができたばかりのときに
男子不良グループが刺激を求めて「Aコース」に挑戦する。
病院内で時間内に1〜9までのスイッチを探しだす。
途中敵も出現する。
それで・・

っていうかんじ。世界の映画より日本の文学っていうのは
もう夏目漱石とかみたいなようはエゴがすばらしく描かれるよね。
そこが好きです。

えっとどうしようとりあえず「Aコース」で☆3ツ。

短くてあっさり読めるので内容的にもそこまであれですた。



さて続いて「Fコース」

Aが不良男子が主役なのに対し
見事に対照的に
今度は優等生女子高生が主役です。
こちらも日常にない刺激を求めてってかんじ。


あらすじは
美術館に入ってとある絵を盗めって感じ。


でまたいろいろだよ。

これ以上は言いませんが


おいタッキー。

騙されたよ。
Aと同じだとおもってたよ。



ちくしょう。

まあ内容とか文章とかはっきりいってつまらないから
Fコース☆2つくらい。



ただし
AとF合わせて「アナルファック?」
☆4つ。


久しぶりに考えずによんで騙された。

まぁ短いし文章がthatだからちょいきつい。
文章力があれば☆4.5くらいなんだども。



で今はなんと平成2年の本
LEVEL7/宮部みゆき
を読み始めました。

最初は難しい文章みたい。
やっぱ僕はこういうのが好き。
なんかワクワクする。
寝る予定をオーヴァーして読んでます。
是は長篇だし
よさそうだぞ!!
やっぱ作家はセンスも大事だけど知識と文章力も重要なんだな。
と思う。
posted by ケンケン at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

イロイロ

えっとカテゴリ作ったのに書いて無かった本のかんそ〜

どうしよ。
とりあえず

姦そう
posted by ケンケン at 17:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本を読んでみた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。